指定管理者制度 ともに創り共働する地域社会

実績

 事業計画作成支援および第三者評価についてはいずれも指定管理者コンサルティングの業界では草分け的存在で、それぞれ195施設、230施設の実績(いずれもH27年度末現在)があります。また事業可能性評価や応募支援から始まる総合的なコンサルティングも毎年5-10施設受託しております。事業計画作成支援総合的なコンサルティングでは数多くの指定管理者獲得実績があります。

1.指定管理者支援メニュー別実績

総合的な指定管理者コンサル 事業計画作成支援 第三者評価
  • 市民プラザ
  • 市総合体育館
  • 区図書館
  • 市城郭公園
  • 市遊園地
  • 市都市公園(テーマパーク)
  • 市海浜公園
  • 市植物園
  • 市博物館
  • 男女共同参画センターなど25施設
  • 市民プラザ
  • 県植物園
  • 県民の森
  • 県自然公園
  • 市河川公園
  • 県スポーツ公園
  • 市道の駅
  • 総合スポーツセンター
  • 市ウェルネスパーク
  • 区産業会館
  • 市駐車場
  • 市葬儀場 など195施設
  • 市民プラザ
  • コミュニティハウス
  • スポーツセンター
  • 労働会館
  • 少年自然の家
  • 保育園
  • ケアプラザ
  • 老人福祉施設
  • 児童館
  • 駐輪場
  • 総合公園 
  • 公営住宅など230施設

 

2.施設分類別 指定管理者応募支援・第三者評価実績(平成27年度末現在)

施設大分類
施設分類
応募支援
第三者評価
スポーツ施設 体育館、野球場、運動場、陸上競技場、テニスコート、プール・スイミングセンターなど
28
38
公園・レクレーション施設 都市公園、自然公園、遊園地、史跡公園、温浴施設など
54
11
会館・ホール 市民会館、ホール、葬祭場、労働会館など
14
11
コミュニティ施設 公民館、コミュニティハウス、市民センターなど
25
63
社会福祉施設 地域ケアプラザ、老人福祉会館、児童館、保育園
12
58
産業振興施設 産業会館、物産館、道の駅
11
8
文教施設 博物館、美術館、植物園、図書館
26
15
インフラ施設 駐車場、駐輪場
公営住宅
20
22
その他 少年自然の家、男女共同参画センター、宿泊施設
5
4
 
195
230

 

具体例

1.市外郭団体の指定管理継続の例

 当団体は、5つの外郭団体が合併して発足した団体である。指定管理制度による公共施設管理運営の民営化の中で、組織の生き残りを図るため5団体は徹底的な組織改革を進めていた。団体の統合もその一環である。また公益法人改革では迷うことなく一般社団法人への移行を選択し、民間の施設管理サービス業として生き残りを図ることを決意した。給与水準も民間と同じレベルまで下げ、人員配置も効率化を図った。

 Kskが相談を受けたのは、団体の合併と組織改革が一段落した時である。公募の1年半前に既存の施設の次期指定をなんしても獲得したいという依頼があった。弊社は施設の今後の運営の在り方について原点に立ち返って議論を重ねるとともに、第三者評価を実施し、現状の管理運営体制の課題を洗い出した。その結果幅広い視点から施設の管理運営を見直すことができ、サービス向上や管理水準の向上・コスト削減を図ることができた。
  事業計画の作成には5か月前から取りかかったが、第三者評価でサービスや管理運営のレベルアップが図られているので、実績に基づいて自信を持って事業計画を作成をすることができた。また施設の将来ビジョンも明確になり、団体の強みや特徴を生かした一貫性のある提案をすることができた。

コンサルティングの内容

  1. 弊社ワークシートによる施設の現状分析・課題の抽出、将来ビジョンの作成
  2. 職員の啓発
  3. 第三者評価の実施と管理運営の改善についてのアドバイス
  4. 事業計画作成支援

結果

すべての施設で指定を継続、以降顧問契約

2.首都圏郊外のビルメンテナンス会社の指定管理者獲得の例

 長引く不況でビルや建物の建設が低迷する中、ビルメンテナンス業界でも価格競争が激しくなり、本業での利益確保は年々厳しくなりつつあった。公共施設の入札も競争が厳しくなっていたため、維持管理だけでなく施設の管理運営全般を受託する指定管理者制度に目を付け、公共施設運営への参入を決意、弊社にコンサルティングを依頼した。

 対象施設は健康増進施設で、翌年度の開業に向け建設が進んでいた。新規施設のため、公募の日程は決まっていなかったが、準備体制を整えるため、4月からコンサルティングに入った。
コンサルティングでは、指定管理の在り方、具体的な運営の説明に始まり、内外環境の分析、将来ビジョンの構築を行った。また自社の現状と将来ビジョンのギャップを分析し、不足する経営資源を充当するため、JVによる応募と地元大学との連携を提案した。  JVや連携の交渉に当たっては、弊社も同席するなど、応募者と一体となった支援を行い、無事指定を獲得することができた。
 指定が決まってからは、JV(共同企業体)の構成団体との役割分担や予算の配分、その他準備の進め方について具体的なアドバイスを行い、予定通り開業を迎えることができた。

KSKのコンサルティング内容

  1. 指定管理事業可能性調査(内外環境分析、事業ビジョンの作成、事業戦略の構築など)
  2. 指定管理者事業計画作成
  3. 立ち上げ支援

結果

指定獲得