指定管理者制度 ともに創り共働する地域社会

指定管理者マニュアル作成サービスとは

 第三者評価では、一定の評価項目・評価基準に従って、指定管理者のあるべき姿と実際の運営内容のギャップを調べ、管理運営の達成度を評価します。また立ち上げ支援では、施設の管理運営に必要な管理項目や業務を一つ一つ洗い出し、それを実現できる体制を整備します。

 指定管理者マニュアル作成サービスは、これら第三者評価立ち上げ支援で調査した内容を元に、管理運営のあるべき姿を文書化するサービスです。

指定管理者業務マニュアルのメリット

 指定管理者業務マニュアルは施設で働く職員の行動基準・判断基準となるだけでなく、新入職員を指導するためのテキストとなります。またなによりも、施設の管理運営姿勢を具体化したものとして、自治体に対する大きなアピールポイントとなります。

 このほか最近は、「指定期間が終了し、他団体に業務を引き継ぐ方法」や、「指定管理者の母体となる企業・団体の経営が悪化して、指定管理の継続が困難になった時の対応」などを事業計画書に記述させる例が見られます。このような場合でも、マニュアルがあれば業務の引き継ぎはスムーズに行えます。

指定管理者業務マニュアルの具体的内容

  • 管理運営方針
  • 職務分掌(職務分掌表)
  • 接遇マニュアル(身だしなみ、接遇、電話応対、苦情対応、拾得物対応など)
  • 個人情報保護マニュアル
  • 人権マニュアル
  • 緊急時対応マニュアル(事故対応、防犯対応、防災対応)
  • 業務点検チェックリストのテンプレート(清掃チェックリスト・巡回点検チェックすリスなど)

第三者評価&指定管理者業務マニュアル作成サービス

 第三者評価は、管理運営上の課題を洗い出し、業務改善を行う絶好のきっかけとなります。当サービスは第三者評価に合わせて、管理運営のあるべき姿をマニュアルとしてまとめておくサービスです。第三者評価の結果に基づいてマニュアルを作成することができるので、より実態を反映できるだけでなく、低コストでマニュアルを作成することができます。